小玉 周平 / PhD

東京電機大学 未来科学部 情報メディア学科
助教
email: s-kodama (at) vcl.jp
[English]

Projects


Creativity Enhancement of Painterly Rendering using a Suggestive Interface
Shuhei Kodama, Pierre Poulin, Tomoaki Moriya, Tokiichiro Takahashi
Computers & Graphics

Publications


Peer-Reviewed Journal and Full Papers

  • Momoka Kawai, Shuhei Kodama, and Tokiichiro Takahashi: Support System for Etching Latte Art by Tracing Procedure Based on Projection Mapping, Graphics Interface 2020, 2020.

  • Shuhei Kodama, Pierre Poulin, Tomoaki Moriya and Tokiichiro Takahashi: Creativity Enhancement of Painterly Rendering using a Suggestive Interface, Computers & Graphics, vol.71, pp.42-54, 2018.

Peer-Reviewed Short Papers and Posters

  • Momoka Kawai, Shuhei Kodama and Tokiichiro Takahashi: A Free Pour Latte Art Support System by Showing Paths of Pouring Milk Using Design Templates, Proc. of the 6th IIEEJ International Conference on Image Electronics and Visual Computing (IEVC 2019), 2A-2, 2019.

  • Hina Yumoto, Shuhei Kodama and Tokiichiro Takahashi: A real-time rendering method based on contour drawing techniques in Japanese ink painting, Proc. of the International Workshop on Advanced Image Technology 2019 (IWAIT 2019), no. 75, 2019.

  • Yuta Yamabe, Shuhei Kodama, Tomoaki Moriya, Yuki Morimoto and Tokiichiro Takahashi: Evaluation of Randomness and Uniformity of Painterly Style Image Generation Methods, Proc. of the International Workshop on Advanced Image Technology 2017 (IWAIT 2017), no. 3D-5, 2017.

  • Shuhei Kodama, Tokiichiro Takahashi: Suggestive Painterly Style Image Generation System to Satisfy User Preferences, ACM SIGGRAPH 2016 Posters, no. 17, 2016.

  • Yuta Yamabe, Shuhei Kodama, Tomoaki Moriya, Yuki Morimoto and Tokiichiro Takahashi: Fast Painterly Style Image Generation Based On Fast Sampling by Paving Disks with Random Radii, Proc. of the International Workshop on Advanced Image Technology 2016 (IWAIT 2016), no. 1B-1, 2016. (Best Paper Award)

  • Shuhei Kodama, Junichi Sugita, Tomoaki Moriya and Tokiichiro Takahashi: Fast Generation of Various Painterly Style Images Based on Scalable Poisson Disk Pre-Sampling Technique, Proc. of 2015 Joint Conference of International Workshop on Advanced Image Technology and International Forum on Medical Imaging in Asia 2015 (IWAIT and IFMIA 2015), no. 373, 2015.

雑誌論文(レター・審査あり)

  • 野澤 奈央, 小玉 周平, 森谷 友昭, 高橋 時市郎: 個人の足裏に合う足裏用反射区マット作成, 映像情報メディア学会誌, vol.71, no.11, pp.J272-J275, 2017.

国内会議(登壇発表・審査なし)

  • 河合 桃花, 小玉 周平, 高橋 時市郎: プロジェクタを用いたデザインカプチーノ作成支援システム, NICOGRAPH 2019 (short paper), 2019.

  • 湯本 陽菜, 小玉 周平, 高橋 時市郎: 3D幾何情報を参照したインタラクティブな水墨画のにじみ表現手法, 映像情報メディア学会技術報告, vol.43, no.27, pp.13-16, 2019.

  • 湯本 陽菜, 小玉 周平, 高橋 時市郎: 日本の水墨画における輪郭線技法に基づくレンダリング手法, 映像情報メディア学会 年次⼤会 2018, 31E-4, 2018.

  • 山邉 悠太, 小玉 周平, 森谷 友昭, 森本 有紀, 高橋 時市郎: Random Disk Paving法のランダムさと均一性の評価, 映像情報メディア学会 年次大会 2016, 34B-2, 2016.

  • 小玉 周平, 森谷 友昭, 高橋 時市郎: Scalable Poisson Disk Sampling 分布のインタラクティブな編集と絵画生成手法への応用, 映像情報メディア学会技術報告, vol.39, no.31, pp.21-24, 2015.

  • 山邉 悠太, 小玉 周平, 森谷 友昭, 森本 有紀, 高橋 時市郎: ランダムな半径を持つ円の敷詰めによる高速サンプリング法と絵画風画像生成への応用, 映像情報メディア学会 年次大会 2015, 21D-1, 2015. (学生優秀発表賞)

  • 小玉 周平, 杉田 純一, 森谷 友昭, 高橋 時市郎: Scalable Poisson Disk Pre-Sampling 法による絵画風画像の高速生成, 映像情報メディア学会技術報告, vol.38, no.33, pp.17-20, 2014.

  • 小玉 周平, 森本 有紀, 森谷 友昭, 高橋 時市郎: 階層的Poisson Disk Pre-Sampled法による水彩画風画像の高速生成, 映像情報メディア学会技術報告, vol.38, no.16, pp.59-62, 2014.

国内会議(ポスター発表・審査なし)

  • 八木 玲香, 小玉 周平, 高橋 時市郎: 同じ物体が密集した様子をイラスト風に表現する手法, 映像情報メディア学会技術報告, vol.45, no.8, pp.279-282, 2021.(優秀発表賞)

  • 大栗 玲奈, 小玉 周平, 高橋 時市郎: アイラインの厚さが目の大きさ錯視に及ぼす効果, 日本顔学会大会(フォーラム顔学2020), P1-2, 2020.

  • 河合 桃花, 小玉 周平, 高橋 時市郎: デザインテンプレートを用いたラテアートにおけるミルクの注ぎ経路提示システム, 映像情報メディア学会技術報告, vol.43, no.9, pp.281-284, 2019.

  • 須永 椋子, 小玉 周平, 高橋 時市郎: 実写画像からデジタルアニメ調背景画像の生成手法,映像情報メディア学会技術報告, vol.42, no.12, pp. 249-252, 2018. (CG-ARTS 人材育成パートナー企業賞)

  • 野澤 奈央, 小玉 周平, 森谷 友昭, 高橋 時市郎: 個人の足裏に合う足裏用反射区マット生成,映像情報メディア学会技術報告, vol.41, no.12, pp. 175-178, 2017. (優秀ポスター賞)

  • 小玉 周平, 高橋 時市郎: ユーザの好みを反映可能な絵画風画像生成システム, Visual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2016, no. 40, 2016.

  • 増田 保乃花, 小玉 周平, 森本 有紀, 森谷 友昭, 高橋 時市郎: 奥行き手がかりによる線画の立体感の向上手法, 映像情報メディア学会技術報告, vol.40, no.11, pp.155-158, 2016.